テクノロジー

jackeryのポータブル電源はどのくらい使える?5年~10年って本当!

ポータブル電源

Jackeryのポータブル電源の使用可能時間、寿命、特徴について詳しく解説します。Jackeryのポータブル電源は、小型モデルで約5時間から、大容量モデルで最大24時間以上の連続使用が可能であり、リチウムバッテリーの採用により、500回以上の充電サイクルが可能で、5年から10年の長寿命を実現しています。

安全機能の搭載や出力端子の豊富さなど、使いやすさや機能性においても高い評価を受けているこの製品について、具体的な情報を提供します。この記事を読むことで、Jackeryのポータブル電源がどれほど使えるのか、どのようなシーンで活用できるのかを理解し、購入の際の参考にすることができるでしょう。次のセクションでは、各モデルの特徴と価格帯について詳しく見ていきましょう。

記事のポイント!

  1. Jackeryポータブル電源の各モデルの使用可能時間と寿命
  2. Jackeryポータブル電源の安全機能と使いやすさの特徴
  3. Jackeryポータブル電源の価格帯と各モデルの適用シーン
  4. Jackeryポータブル電源の長寿命を実現する技術と保証内容

Jackery ポータブル電源 どのくらい使えるか

Jackery ポータブル電源の使用可能時間はモデルと使用状況によりますが、一般的には小型モデルで約5時間から、大容量モデルで最大24時間以上の連続使用が可能です。具体的なニーズに合わせて、適切なモデルを選ぶことで、最適な利用が実現します。

Jackery ポータブル電源の特徴と寿命

1. 高いエネルギー効率とバッテリー寿命の延長

Jackery ポータブル電源はリチウムバッテリーを搭載し、エネルギー効率の最適化とバッテリー寿命の延長を実現しています。500回の充電・放電を繰り返しても、80%の蓄電容量が保証されています。これは年間100回充電すると5年間、年間50回充電すると10年間にわたり、バッテリーの蓄電容量が80%以上をキープするということです(ページ16)。

2. 安全性の確保

BMS(バッテリーマネージメントシステム)を搭載し、電圧や温度を適切に管理し、過充電および過放電を防止しています。さらに、一般社団法人防災安全協会の定める防災製品等推奨品認証を取得しており、電気用品安全法(PSE)適合性検査にも合格しています(ページ16)。

3. 持ち運びやすさと多様な出力端子

Jackery ポータブル電源240は3.2kg、400は3.6kgと軽量で、女性でも持ち運びやすい設計になっています。また、搭載端子が豊富で、家庭用コンセント、USBケーブル、シガーソケット、USB Type-Cなど、多岐にわたる電化製品が使用できます(ページ60)。

4. 自社での開発・製造による品質管理

Jackeryの製品は自社グループ内で製造されており、万全な品質管理が行われています。保証期間は業界最長の2年間となっており、バッテリーマネージメントシステムによる過充電保護、過放電保護、過電流保護、短絡保護、温度保護機能も搭載しています(ページ60)。

Jackery ポータブル電源の寿命

Jackery ポータブル電源の寿命は使用状況によりますが、上記の特徴により平均寿命は5年から10年とされています。適切な充電・放電管理とメンテナンスが寿命を延ばすカギとなります。特に、過度な充電や放電はバッテリーの劣化を早める可能性があるため、注意が必要です。

まとめ

Jackery ポータブル電源は、そのコンパクトなデザイン、高い耐久性、安全性、使いやすさなどの特徴で知られています。寿命については、平均して5年から10年とされており、使用状況や保管状態によって大きく変動することがあります。適切な使用と定期的なメンテナンスが寿命を延ばすカギとなるでしょう。

ポータブル電源 Jackeryの価格と比較

Jackery ポータブル電源の価格は、モデルや容量によって異なります。以下は主要なモデルの価格帯です。

Jackery ポータブル電源 400 Jackery ポータブル電源 240 Jackery ポータブル電源 708
Jackery ポータブル電源 240 Jackery ポータブル電源 400 Jackery ポータブル電源 708
容量 67200mAh/240Wh 容量 112200mAh/400Wh 容量 191400mAh/708Wh
25,330円
(amazonでの価格)
49,300円
(amazonでの価格)
67,600円
(amazonでの価格)

これらの価格は、同容量帯の他ブランド製品と比較しても競争力があります。特に、Jackeryの製品は自社での開発・製造による品質管理が徹底されており、安価なモデルでも品質が保証されています。

Jackeryと他ブランドとの比較

Anker PowerHouse 240: 容量240Whで、価格は約25,000円
Goal Zero Yeti 150: 容量168Whで、価格は約25,000円
Jackeryの製品は、同じ容量帯であれば他ブランドよりも価格が抑えられていることが多く、コストパフォーマンスが高いと評価されています。

価格と品質のバランス

Jackery ポータブル電源は、価格帯に応じて異なる容量と機能を提供していますが、全てのモデルで基本的な安全機能や耐久性が保証されています。このため、初めてポータブル電源を購入するユーザーや、予算を重視するユーザーにも選ばれています。

まとめ

Jackery ポータブル電源の価格は20,000円から50,000円の範囲で、モデルや容量によって異なります。他のブランドと比較しても競争力のある価格設定となっており、安価なモデルでも品質が保証されているため、コストパフォーマンスが高いと評価されています。このような理由から、多くのユーザーに支持されているのです。

Jackery ポータブル電源の安全性と評判

Jackery ポータブル電源は、その安全性において業界でも高い評価を受けています。以下はその主な特徴となります。

  1. バッテリーマネージメントシステム(BMS): JackeryはBMSを搭載しており、電圧や温度を適切に管理し、過充電および過放電を防止しています。これにより、バッテリーのエネルギー効率を最適化し、寿命の延長も実現しています。
  2. 安全認証: Jackeryのポータブル電源は、電気用品安全法(PSE)適合性検査に合格しており、一般社団法人防災安全協会の防災製品等推奨品認証も取得しています。これらの認証は、製品の安全性を客観的に証明しています。
  3. リチウムバッテリーの採用: Jackeryは耐久性の高いリチウムイオンバッテリーを採用しており、500回以上の充電サイクルが可能で、長寿命を実現しています。具体的には、年間100回充電すると5年間、年間50回充電すると10年間にわたり、バッテリーの蓄電容量が80%以上を保証しています。
  4. 安全機能の搭載: 過充電保護、過放電保護、過電流保護、短絡保護、温度保護機能など、多岐にわたる安全機能が搭載されており、誤操作や過負荷がかかった場合でも安心して使用することができます。

Jackery ポータブル電源の評判

Jackery ポータブル電源は、その安全性だけでなく、使いやすさや機能性においても高い評価を受けています。

  • 出力端子の豊富さ: Jackeryのポータブル電源は、家庭用コンセント、USBケーブル、シガーソケット、USB Type-Cなど、搭載端子が豊富で、屋外などのコンセントがない場所でも気軽に家電製品を使用できます。
  • 液晶ディスプレイの搭載: バッテリーの残量や、現在の出力・入力状況を一目で把握できる液晶ディスプレイも魅力の一つです。
  • 持ち運びやすさ: 例えば、ポータブル電源240は3.2kg、400は3.6kgと、女性でも持ち運びやすい軽量設計となっています。
  • 信頼性の高さ: Jackeryの製品は自社グループ内で製造されており、万全な品質管理が行われています。保証期間は業界最長の2年間となっており、信頼性の高い製品として評価されています。

これらの特徴から、Jackery ポータブル電源は、耐久性、安全性、使いやすさの三拍子が揃った製品として、多くのユーザーから支持されているのです。

ポータブル電源 Jackeryの廃棄における法的規制

ポータブル電源 Jackeryの廃棄には、特に注意が必要です。これは、リチウムイオンバッテリーなどの特殊な部品を含んでいるため、一般のごみとしての処分が法律で禁止されているからです。具体的には、以下の法律が関連します。

  1. 家庭用電池のリサイクルの促進に関する法律: リチウムイオンバッテリーはこの法律の対象となります。正しいリサイクルが求められるため、一般のごみとしての処分は違法となります。
  2. 廃棄物の処理及び清掃に関する法律: この法律に基づき、有害物質を含む廃棄物の適切な処理が義務付けられています。

Jackeryの廃棄方法の具体的な手順

ポータブル電源 Jackeryの廃棄に際しては、以下の手順に従うことが推奨されます。

  1. 販売店への持ち込み: 購入した販売店に持ち込むことで、専門的な処理が行われます。多くの販売店では無料で受け付けています。
  2. 自治体の収集窓口への持ち込み: 住んでいる地域の自治体が設置している収集窓口に持ち込むことも可能です。収集日や収集場所は自治体のホームページなどで確認できます。

専門業者への依頼: 有料ですが、専門業者に依頼することも選択肢となります。専門業者は適切な処理を行うため、環境への影響を最小限に抑えます。

環境への配慮と社会的責任

ポータブル電源 Jackeryの廃棄は、一見手間かもしれませんが、環境への配慮として非常に重要です。リチウムイオンバッテリーなどの部品は、不適切に処分すると土壌や水質の汚染を引き起こす可能性があります。このように考えると、正しい方法で処分することは、私たち一人ひとりの社会的責任と言えるでしょう。

最後に、Jackery自体もエコフレンドリーな製造プロセスを採用しており、製品のリサイクルにも積極的に取り組んでいます。ユーザーとメーカーが協力して、持続可能な社会の実現に貢献することが期待されています。

Jackery ポータブル電源の事故の背景と対応

Jackery ポータブル電源の事故は非常に稀であり、その品質と安全性が高いことが一般的に認知されています。しかし、製造上の欠陥や使用上の誤りが原因で、事故が発生する可能性がゼロではありません。

過去には、特定のモデルにおいてバッテリーの過熱による問題が発生したことがあります。この事例では、以下のような対応が行われました。

  1. 迅速な情報公開: Jackeryは事故発生後すぐに公式ウェブサイトで情報を公開しました。具体的な事故の内容、対象となる製品のモデル番号、対応策などが詳細に説明されました。
  2. 製品の無償回収: 対象となる製品の無償回収が行われました。ユーザーは専用のフォームから申し込み、送料無料で製品を送り返すことができました。
  3. 代替品の提供: 回収された製品に代わり、新しい製品が無償で提供されました。これにより、ユーザーの不便を最小限に抑える努力がなされました。

Jackeryの信頼性と責任感

このような事例からも、Jackeryの信頼性と責任感の強さが伺えます。特に以下の点が評価されています。

透明性の高いコミュニケーション: 事故発生時の迅速かつ正確な情報提供は、消費者の信頼を維持する上で重要です。Jackeryはこの点において高い評価を受けています。

ユーザーへの配慮: 無償回収や代替品の提供など、ユーザーへの配慮が感じられる対応が行われました。これにより、ブランドイメージの維持と強化が図られました。

安全基準の厳格な遵守: Jackeryは国際的な安全基準を厳格に遵守しており、製品の品質管理にも力を入れています。このため、事故は非常に稀な現象であり、もし発生した場合でも、適切な対応が期待されます。

最後に、Jackery ポータブル電源の使用に際しては、常に取扱説明書に従い、正しい使用とメンテナンスを心がけることが重要です。これにより、製品の長寿命化と安全な使用が実現されるでしょう。

Jackery ポータブル電源の発火対策の技術

Jackery ポータブル電源は、発火リスクを最小限に抑えるために、以下のような先進的な技術が採用されています。

  1. 過充電防止機能: バッテリーがフル充電に達した際に自動的に充電を停止する機能です。これにより、過充電による発熱や発火のリスクを防ぎます。
  2. 温度管理機能: 内部の温度センサーがバッテリーの温度を常時監視し、異常な発熱が検知された場合には自動的に電源を切る機能です。
  3. 耐熱素材の採用: ケーシングには耐熱性の高い素材が使用されており、万が一の発火時にも炎の拡大を防ぐ役割を果たします。
  4. ショート回路保護: 内部の回路にショートが発生した際に、自動的に電源を遮断する機能も搭載されています。

ユーザー自身の対策

これらの技術的な対策に加え、ユーザー自身も以下のような対策を心がけることが重要です。

  • 取扱説明書の遵守: 製品の正しい使用方法や保管方法について、取扱説明書をよく読み、遵守すること。
  • 異常時の迅速な対応: 長時間の充電や異常な発熱を感じた際は、速やかに使用を中止し、専門のサポートに相談すること。
  • 定期的な点検: 製品の外観やケーブルなどの点検を定期的に行い、劣化や損傷がないか確認すること。
  • 正規品の使用: 互換性のある正規品のアクセサリーを使用し、安全性を確保すること。

まとめ

Jackery ポータブル電源の発火対策は、メーカーの先進的な技術とユーザー自身の正しい取り扱いの両方が重要です。これらの対策を適切に実施することで、安全に製品を長期間使用することが可能となります。最後に、製品の選定時には、信頼性の高いメーカーと販売店から購入することも、安全性を高めるための重要なポイントであると言えるでしょう。

Jackery ポータブル電源 どのくらい使えるのか

ポータブル電源 JackeryとAnkerの比較

JackeryとAnkerのポータブル電源は、それぞれ異なる特性と利点を持っています。以下は、主要な比較ポイントです。

1. 容量と価格:
Jackery ポータブル電源 708: 価格 ¥79,800、容量 708Wh、重量 6.8kg
Anker PowerHouseⅡ800: 価格 ¥74,800、容量 778Wh、重量 8.3kg
両者は同価格帯で似たようなスペックですが、Ankerがわずかに大容量。

2. 防災対策の観点:
Jackeryは大容量モデルがあり、ソーラーパネルが接続できるため、防災対策として一択。
Ankerの最大容量モデルは出力が500Wで、災害時の生活家電使用には心もとない場合がある。

3. デザインと機能:
Jackery: 耐久性とコストパフォーマンスで高評価。ソーラー充電対応など多機能。
Anker: 多様なラインナップとデザイン性で支持。リン酸鉄リチウムイオン電池を使用し、充放電サイクルが3,000回以上。

4. 特定の製品比較:
Jackery240: 価格¥29,800、容量67200mAh/240Wh、AC200W、純正弦波
Anker 521: 価格¥29,900、容量256Wh、AC200W、純正弦波/PowerIQ 3.0 (Gen2)搭載
この価格帯では、Ankerが電池寿命の長さで上回り、より速く充電できる。

5. 総合評価:
Jackeryは防災対策としての信頼性と多機能性で優れています。
Ankerはデザインと多様なラインナップで魅力的ですが、大容量の需要にはJackeryが適している可能性があります。
このように、JackeryとAnkerのポータブル電源は、用途や好み、必要な機能に応じて選ぶことができます。特に防災対策としては、Jackeryの大容量モデルとソーラーパネルの接続が強みとなっており、一方でAnkerはデザインと多様な選択肢で魅力を提供しています。

Jackeryの国籍とブランドの起源

Jackeryは、アメリカで設立された企業で、世界初のポータブル電源とポータブルソーラーパネルの開発を手がけています。日本では2019年にJackery Japanが設立されました。社名の由来は「Jacket(ジャケット)」と「Battery(バッテリー)」を組み合わせ、「身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という想いから来ています。

Jackeryのブランドイメージ

  1. 信頼性と安全性: Jackeryのポータブル電源は、自社グループ内で製造されており、万全な品質管理が行われています。過充電保護、過放電保護、過電流保護などの安全機能を搭載しており、アメリカULの安全基準をクリアしています。保証期間は業界最長の2年間となっています。
  2. 使いやすさ: Jackeryの製品は設計や使用方法がシンプルで、女性や年配の方でも簡単に使うことができます。液晶ディスプレイにより、バッテリーの残量や出力・入力状況を一目で把握できるのも魅力です。
  3. 多様な出力端子: Jackeryのポータブル電源は、家庭用コンセント、USBケーブル、シガーソケット、USB Type-Cなど、搭載端子が豊富で、屋外や車内でも様々な電化製品が使用できます。
  4. エコフレンドリーなビジョン: 「あらゆる人に、あらゆる場所でグリーンエネルギーをもたらしたい」という想いを基に、技術向上と製品開発を進めています。
  5. 国際的な評価: アメリカではポータブルバッテリーメーカーでNo1の評判を持ち、欧米・日本・中国問わず、市場シェアトップクラスのポジションを確立しています。

このように、Jackeryは国際的に認知されたブランドであり、信頼性、使いやすさ、多様な機能、エコフレンドリーなビジョンなど、多岐にわたる強みを持っています。

Jackery ポータブル電源の各モデル比較

Jackeryのポータブル電源の各モデルについて、より具体的かつ専門的に比較してみます。以下の内容では、主要なモデルの特徴と用途、価格帯などを詳細に解説します。

Jackery Explorer 160
容量: 167Wh
重量: 1.5kg
出力端子: AC、DC、USB
価格帯: 約20,000円
特徴: 軽量でコンパクトなため、日常使いやキャンプなどのアウトドアに最適。
注意点: 大容量の機器の充電には向かない。

Jackery Explorer 240
容量: 240Wh
重量: 2.8kg
出力端子: AC、DC、USB
価格帯: 約30,000円
特徴: 中容量で、タブレットやノートパソコンの充電が可能。車中泊や非常時のバックアップ電源としても使用できる。
注意点: 連続使用時間が長い機器には不向き。

Jackery Explorer 500
容量: 518Wh
重量: 5.9kg
出力端子: AC、DC、USB、カーポート
価格帯: 約50,000円
特徴: 大容量で、冷蔵庫やテレビなどの家電製品も充電可能。災害時の非常電源としても活用できる。
注意点: 持ち運びには少し重い。

Jackery Explorer 1000
容量: 1002Wh
重量: 10kg
出力端子: AC、DC、USB、カーポート
価格帯: 約100,000円
特徴: 最大容量のモデルで、プロのアウトドア活動や大規模なイベントに適している。複数の機器を同時に充電できる。
注意点: 価格が高いため、必要な容量と用途をよく考慮する必要がある。

このように、Jackeryのポータブル電源は、容量や重量、出力端子の種類、価格帯などによって、様々な用途に合わせて選ぶことができます。自分のライフスタイルや必要な機能を明確にし、適切なモデルを選ぶことが重要です。最新の情報や詳細な仕様は公式サイトや販売店で確認することが推奨されます。

ポータブル電源 Jackeryの使用場所と活用方法

ポータブル電源 Jackeryの使用場所と活用方法について、具体的なシーンとその特徴を深堀りしてみましょう。Jackeryのポータブル電源は、その多機能性と信頼性から、以下のような場所と方法で活用されています。

アウトドア活動

キャンプ: スマートフォンやカメラの充電、LEDライトの電源供給など。
釣り: 魚群探知機やGPSの電源確保。
登山: 非常時の通信機器の充電。
注意点: 防水・防塵対策として、専用のカバーを使用することが推奨される場合がある。

非常時の電源確保

停電時: 冷蔵庫やラジオ、携帯電話の充電。
災害時: 必要な情報収集のためのテレビやラジオの電源供給。
注意点: 定期的な点検と充電が必要。大容量モデルの選定が災害時には重要。

車中泊やRV

車中泊: ノートパソコンや電子レンジ、冷蔵庫などの電源供給。
RV(キャンピングカー): 複数の機器を同時に充電。
注意点: 車の電源との互換性の確認が必要。

イベントや屋外作業

屋外イベント: 音響機器や照明の電源供給。
屋外作業: 電動工具の電源確保。
注意点: 電源容量と機器の消費電力の計算が必要。

オフィスや自宅での利用

オフィス: 電源タップが足りない場合の補完。
自宅: ガーデニングやDIYなどの趣味の作業。
注意点: 室内での使用に適したモデルの選定。

Jackeryのポータブル電源は、これらのシーンでの使用が可能で、その用途は非常に幅広いです。しかし、使用場所と目的に応じて適切なモデルと容量を選ぶこと、そして製品の仕様や取扱説明書に従うことが、安全かつ効果的な利用のために重要です。最新の情報や詳細な仕様は公式サイトや販売店で確認することが推奨されます。

Jackery ポータブル電源の保証とサポート

Jackery ポータブル電源の保証とサポート体制は、製品の信頼性と顧客満足度を高める重要な要素です。以下、具体的な内容と特徴を詳細に解説します。

保証期間と内容

標準保証: 一般的に1年から2年の保証期間が付いており、製造上の欠陥や初期不良に対して無償で修理または交換が行われます。
延長保証: 一部の製品では、追加料金により保証期間を延長するオプションが提供されることがあります。
注意点: 保証対象外となる場合もあるため、保証書や取扱説明書の確認が必要です。

サポートセンター

連絡方法: 電話やメール、公式ウェブサイト上のチャットなど、複数の連絡方法が提供されています。
対応時間: 平日のビジネス時間内が一般的ですが、製品によっては24時間対応もある場合があります。

修理サービス

保証期間内: 無償での修理が可能。
保証期間外: 有償での修理サービスが提供されており、見積もり後の承認で進行します。
部品の供給: 一般的に製造終了後も一定期間、部品の供給が保証されています。

オンラインサポート

FAQ: よくある質問と回答が公式サイト上で提供されています。
マニュアルダウンロード: 取扱説明書や保証書などのダウンロードサービスがあります。
ファームウェア更新: 必要に応じて製品のファームウェア更新が可能。

Jackeryのポータブル電源は、これらの保証とサポート体制によって、購入後も安心して長期間使用することができます。ただし、保証の詳細やサポートの対応内容は、製品や地域によって異なる場合があるため、購入時に正確な情報を確認することが重要です。最新の情報や詳細な仕様は公式サイトや販売店で確認することが推奨されます。

ポータブル電源 Jackeryの最新技術と展望:Jackery会社概要

Jackeryの最新技術

高効率充電システム: Jackeryのポータブル電源は、最新の充電技術を採用しており、従来の製品と比べて約20%の充電時間の短縮が実現しています。
エコフレンドリー素材: 環境に配慮した素材の使用により、リサイクルが容易で、カーボンフットプリントの削減にも貢献しています。
スマート管理機能: スマートフォンと連携し、電源の状態や消費電力をリアルタイムで確認できる機能も開発中です。

未来の展望

持続可能なエネルギー: 太陽光と連携した充電システムなど、再生可能エネルギーへの取り組みが進められています。
多様なニーズ対応: アウトドアから非常時、産業用途まで、さまざまなシーンでの使用に対応する製品展開が期待されます。

Jackeryの会社概要

設立年: 2012年
本社所在地: カリフォルニア州、アメリカ
事業内容: ポータブル電源、太陽光発電器具などの開発・販売
ビジョン: エネルギーの持続可能な利用と、人々のライフスタイルの向上を目指しています。

Jackeryのポータブル電源は、最新技術の採用と未来への展望により、今後も進化し続ける製品であると言えるでしょう。その背後には、企業の強いビジョンと、エネルギーの持続可能な利用への取り組みがあります。このような姿勢が、多くのユーザーからの信頼と支持を得ている理由ともなっています。

Jackeryの購入先

家電量販店:

主要な家電量販店での取り扱いがあります。以下は一部の例です。

  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • etc.

店舗によっては取り扱いがない場合もあるため、事前に店員に確認するとよいでしょう。

オンラインショッピング

近くの店舗で取り扱いがない場合、以下のオンラインショップでの購入が可能です。

    • JackeryJapan公式オンラインストア: メルマガ登録者限定で1,000円OFFクーポン、2年保証、最短翌日配送、送料無料などの特典あり。
    • Amazon: 多岐にわたるモデルの取り扱いがあります。
    • Jackery Japan 楽天市場店: 楽天ポイントが利用可能です。
    • Jackery Japanヤフーショッピング店: Yahoo!ショッピングでの購入が可能です。
    • ビックカメラ.com: ビックカメラのオンラインショップでも購入できます。

おすすめの購入方法

  • 店舗での購入: 実際に製品を手に取って確認できるため、初めての購入者におすすめです。
  • オンラインでの購入: 公式オンラインストアでは、専門のサポートや特典が受けられるため、リピーターにおすすめです。

まとめ

Jackeryのポータブル電源は、多岐にわたる購入先から選ぶことができます。自分のニーズに合った購入方法を選ぶことで、より満足のいくショッピングが可能です。特に、公式オンラインストアでは、セール情報や専門のサポートが受けられるため、安心して購入することができるでしょう。

まとめ

Jackery ポータブル電源の使用可能時間はモデルと使用状況により、小型モデルで約 5 時間から、大容量モデルで最大 24 時間以上
リチウムバッテリーを搭載し、エネルギー効率の最適化とバッテリー寿命の延長を実現
500 回の充電・放電でも、80%の蓄電容量が保証されている
BMS(バッテリーマネージメントシステム)により、電圧や温度を適切に管理し、過充電および過放電を防止
Jackery ポータブル電源 240 は 3.2kg、400 は 3.6kg と軽量で、女性でも持ち運びやすい設計
搭載端子が豊富で、家庭用コンセント、USBケーブル、シガーソケット、USB Type-C など、多岐にわたる電化製品が使用できる
自社グループ内で製造されており、万全な品質管理が行われている
保証期間は業界最長の 2 年間
寿命は平均 5 年から 10 年とされており、適切な充電・放電管理とメンテナンスが寿命を延ばすカギ
Jackery Explorer 160、240、500 の価格はそれぞれ約 20,000 円、30,000 円、50,000 円
過充電保護、過放電保護、過電流保護、短絡保護、温度保護機能など、多岐にわたる安全機能が搭載されている
出力端子の豊富さで、屋外などのコンセントがない場所でも気軽に家電製品を使用できる

-テクノロジー